鍵やカメラで空き巣にノックアウト!〜安心作りの基本〜

防犯対策を行なう

空き巣防止には窓への対策が効果的

一人暮らしや共働きの場合は、一日中家を空けることが多いため、その間の空き巣被害に注意する必要があります。 住宅への空き巣被害の中で最も多い手口は、窓を破っての侵入です。そのため、空き巣を防ぐには窓への防犯対策が効果的です。 窓の防犯対策をする場合は、防犯ガラスや防犯フィルムを導入する方法が考えられます。 両者を比べると、防犯ガラスの方がより効果的な対策と言えます。しかし、防犯フィルムにも一定の効果は認めらているので、必要に応じて選択するとよいでしょう。 例えば、すべての窓に防犯ガラスを設置するのではなく、外から見えやすく空き巣が侵入しにくい窓については防犯フィルムを使い、より危険度の高い場所だけに防犯ガラスを設置する方法も考えられます。

防犯フィルムを使うときの注意点

防犯フィルムを使用するときにはいくつか注意点があります。 まず、商品によって効果の違いがあることに注意する必要があります。 一般的に値段に比例して効果が高くなる傾向があるため、あまり安すぎるものを買うと対策が無駄になる恐れがあります。 また、防犯フィルムの中には窓のクレセント錠の周りのみに貼るものも存在しますが、これでは効果が低くなってしまいます。防犯フィルムに効果を持たせるには、窓ガラス全面に貼る必要があります。 商品を購入する際には、CPマークがついていることも確認してください。CPマークは官民合同会議で行われた実験結果に基づき、効果が認められた商品に付与されるマークです。 防犯フィルムを設置するときは、CPマークがついているものを購入し、窓ガラス全面に貼るようにしましょう。